プラウドはタイヤとアルミホイール専門のプロショップです。

〒634-0007 奈良県橿原市葛本町498-3

危険なタイヤ

タイヤの基礎知識・・・「危険なタイヤ」

あなたのタイヤ、本当に大丈夫ですか

いくらドライビング技術が優れていても、タイヤが危険な状態では突然どんなトラブルが起こるかもわかりません。あなたや同乗する人の命を守るため、もう一度あなたのタイヤをチェックしてみて下さい。もちろん当店にお越しくださればスタッフがお調べさせて頂きます。

縦溝にあるスリップサイン(横に走る盛り上がった場所)が出ています。タイヤ本来の性能が発揮出来ません。雨の日のスリップや急ブレーキで止まれない等、事故の原因になります。スリップサインが出てしまったら、出来る限り早くタイヤ交換をしましょう。

 

タイヤと路面の接地が均等にならず、左右どちらかのタイヤが減ります。こんなタイヤは大変危険です。タイヤ内のワイヤーが見えていることもしばしばあります。しかも、いつパンクしてもおかしくない状態とも言えます。見落としがちなケースとしては、タイヤの内側がこの状態になっていることもよくあります。外側からは見えづらいので、タイヤの溝チェックする場合はタイヤ全体を見る様にして下さい。
これらの現象を防ぐには!?

  1. タイヤのローテーション(入れ替え)を定期的に行う。
  2. タイヤの空気圧をこまめにチェックする。
 

車をたまにしか動かさない方や動かしても走行距離が短い方にこの現象が起こり易いです。タイヤの時間劣化が原因と断定できます。また、タイヤサイドに出る場合は空気不足も関係します。タイヤはゴム製品なので使わなくても一定時間が経過すれば劣化します。溝がまだまだ残っていても、ヒビ割れからゴムが剥がれる場合も有ります。早急にタイヤのプロに見てもらって下さい。危険防止策としては空気圧の点検や半年ぐらいに1度はタイヤを見て下さい。

 

タイヤの劣化はヒビ割れだけではありません。長期間、時間が経過しているタイヤはヒビ割れがなくてもタイヤゴムの硬化があります。見た目では大丈夫そうに見えてもタイヤの弾力が硬くなってしまうと、画像のように走行中に一気にバーストしてしまうかもしれません。一般的にこれらの判断は難しいと思いますのでタイヤのプロに判断を委ねる事をお勧めいたします。

 

扁平タイヤなど履いていると、パンクしても気づかない方が多いです。外見は溝があり、まだまだ使えそうに見えますが、実は外してみると画像の様にタイヤの中が削れてる場合が沢山あります!空気圧点検を怠ったりすると危険を招く結果となりますので、こまめにチェックいたしましょう!

 

タイヤ側面の膨れ上がり・盛り上がりを通称「ピンチカット」と言います。スピードを出して段差に乗り上げたり、道路の凹みの上を走行すると、このように内側のワイヤーが切れてしまうことがあります。ワイヤーが切れると中の空気の圧が切れた弱い部分に集中する為、タンコブみたいになります。この様なタイヤも物凄く危険です!いつ破れてもおかしくない状態ですので出来る限り早くタイヤ交換をして下さい!

 

新品のタイヤと、危険なタイヤを比べてみて下さい。溝がしっかりと確認でき、路面にしっかりとグリップする事が想像できます。メーカーによって少し表示が異なりますが、右の△マークがスリップサインになります。

>> タイヤの基礎知識にもどる

ページの上へ

 
タイヤ・ホイール高価買取。無料買取査定
スタッドレスタイヤ交換
Yahooオークション

サービス内容

新品・中古品の販売、買取

ホイールの修正・修理

オートパーツ販売・持込オートパーツ取付

タイヤの知識

ホイールの知識

information

過去のお知らせ

ギャラリー